WMS

Warehouse Management System

LOGISTICS STATION iWMS® G5

省人化を物流機器/ロボットと実現する高機能WMS
実績に裏付けされた標準機能に様々の物流設備との組み合わせを実現

Logistics Station iWMS® G5は、フレームワークスが自社開発した物流拠点の在庫管理、運用支援、庫内管理を行うパッケージシステムです。国内外800サイト以上の物流拠点、様々な業界に導入され100%稼働という実績に裏づけされた技術とノウハウを継承した高機能・半オーダーメイド型WMSです。近年、省人化対策の一環としマテハン機器、ロボットの導入事例が盛んに実施されております。結果、WMSの位置づけも変わりつつあると認識し新たな機能拡張を継続しております。

サービスの特徴
Feature

実績・全業種対応

全業種対応のWMSソリューションです。800サイト以上の導入実績を持ち、あらゆるサプライチェーンのステージ、業種業態の物流センターで稼働しています。

導入業界

電気・電子 / 精密・機械 / 医療・化学 / 食品・飲料 / アパレル・日用雑貨 / 物流業

導入ステージ

製造 / 流通(卸・小売・EC)

オンプレミスによる提供となりますが、AWS等パブリッククラウド上での稼働やお客様のお持ちのインフラ上に構築が可能であり、社内クラウド化を実現する事も可能です。

省人化設備連携 / 各種連携ソリューション

近年、省人化対策の一環でマテハン機器、AIを搭載した物流ロボットなどの導入が活況となっています。現場作業が人からマテハン・ロボットに代わることでWMSに求められる機能や連携方法が多様化しています。日々の入出庫を実施するための上位システム、送り状を発行するための配送システムや路線会社システム、その他個別ソリューションや既存システムなどとも連携実績があり、お客様の業務に最適な連携方法をご提案しています。

汎用性・拡張性・大規模対応

200種類以上の標準機能の活用以外に現行業務を踏襲したカスタマイズによるシステム構築も実現可能。荷扱い/センター設備/建物構造などで同一企業様でも業務に違いがあるのが現実的。それらを1つのパッケージをベースにデジタル化を実現することが可能。物流基盤としての統合化・標準化がやり易く、かつ新規事業など環境変化に対して拡張性・柔軟性にも優れたシステムです。

ソース公開オプション(自社保守/開発)

ソース公開オプションを提供する事が可能です。このオプションを利用する事により、自社もしくはグループ内情報システム企業での開発や保守を実現できます。これにより、保守コスト、開発コストの外部流出を防ぐ事が可能となり、24時間365日の保守運営、保守スピードUPの実現に寄与できると考えます。社会変化が激しい中、「自社で育てるシステム」を目指し採用される企業様が近年増加しております。

LOGISTICS STATION iWMS® X5

テンプレートモデルをクラウドサービス提供するWMS
実績に裏付けされた標準テンプレートを活用した短納期型WMS

豊富なノウハウと最新のIT技術を融合したクラウドサービスによるWMS・在庫管理システムが、お客様に新たな価値をご提供します。テンプレート型モデルとなっており、短納期、低コスト、高品質の実現を目指します。カスタマイズも対応可能となっており、拡張性のあるサービスです。

サービスの特徴
Feature

SaaS型WMSソリューション

これまでの実績を元にクラウドサービスでWMS機能を提供しております。クラウドの特性を活かし、短納期、低コスト情報システム部様の負荷軽減、バージョンUPの煩わしさから解放されたサービスを提供しております。また、従量課金制となり、物量に応じたシステム利用となっており、先行投資、過大投資を最小化する事が可能です。近年では、自社だけでなく他社(荷主様)に画面公開し、登録作業、問合せ業務の軽減要望が増えております。また、拠点展開時の手間はオンプレミスに比べ圧倒的に作業軽減が可能です。

テンプレートモデル

短納期導入の実現の為、業務の流れ=テンプレート化を実現しています。テンプレートを活用する事で、「短納期」「低コスト」「高品質」を実現すると共に、稼働倉庫の展開力を高めております。プロジェクトの最初となる要件定義工程にて標準テンプレートとのFit&Gapを行い次工程での認識齟齬を削減しております。

KLPI:データ利活用

物流現場の実態、改善を促進させる為、いくつかのKLPI=Key logistics Performance Indicator(物流評価指標)を実装しております。在庫回転率、個人別生産性、終了時間予測など標準的に利用が可能です。また、お客様の特性に応じて、KLPIの拡張も可能です。

・ 個人別出荷検品の生産性  ・ 作業進捗管理機能  ・ 入荷遅延管理機能  ・ 出荷遅延管理機能  ・ 品目別在庫回転率 など

ページの先頭へ